お問い合わせ

アメリカから遂に日本上陸!有機物が豊富な泥炭エキスで、植物の生育と地力向上を実現するエーペックステンをご紹介します。
日本初上陸

アメリカでの実績を携えて日本初上陸!
アメリカでの実績を日本でも再現!
APEX-10はアメリカの農業界は勿論、アメリカの芝生産企業やスポーツ界ではメジャーな資材。大手小売企業(オーガニック)からも推奨資材に認定されています。
日本での実証試験もクリアし、日本の皆様へお届けいたします。

【販売代理店】
株式会社 然 資材事業部
【製造元】
Nature’s Wonder 
http://www.natureswonder.com/products/apex-10


腐植物質を最高の状態で提供します

天然の泥炭から、特許製法で抽出されたAPEX-10は腐植物質を一番有効な形で泥炭エキスとして生成されています。一般的な腐植系資材は、含有量は平均5%程度ですが、APEX-10には、この腐植物質が12%という高い割合で含有されています。 腐植物質のフルボ酸などは、土の中のミネラル分と結合し植物への吸収を促進することにより、植物の生育を高めます。 化学的に作られたフルボ酸等とはまったく違い、使いやすく穏やかに確実に効果を発揮します。

日本初上陸

基本倍率に水で希釈し、土壌を中心に散布するだけ

植物の種類によっては葉面散布も効果的。
根が張り方も力強く、地下茎が伸びていき、緑濃く生き生きとした植物へ。
液体肥料、殺虫剤、成長抑制剤など何と混ぜても使用できるので、手間がかかりません。

大手菓子メーカ契約農場、ワイナリー、各JA様にもご使用頂き、経費の節減と肥料効果の拡大など、収益性の向上はもちろん、経営改善に役立てて頂いています。
特に耕すことが出来ない果樹園での土壌団粒化には、圧倒的な成果が出ています。

特に慣行農法、新規就農者の方々には、専門的な農学や土壌理論の知識や技術がなくても、基礎の土作りができやすく、手間をかけずに収量や糖度の上昇、収穫期間の増長が見込め、作物が大きく立派に育つと、嬉しいお言葉を頂いてます。


糖度の上昇や花芽の増加、増収が見込めます

肥料分を余すところなく吸収し、光合成を促進することで、甘い果物はもっと甘く、みずみずしく。収穫増に貢献します。硝酸態窒素値が大幅にダウン。糖度、食味も向上!
高pH土壌を中性化し改善します。

土づくりや育苗からの使用、生育時期前からの使用でしっかりとした植物を育て、食味を向上させます。

地下作物も糖度が高く、食味も向上します。

日本初上陸

肥料分を吸収しやすい土壌を作ります

根が広く深く張ることで水やりの手間が軽減され、土壌のキレート効果や保水効果で余すところなく肥料分を吸収することができます。

また、他の薬剤や単肥と混合(もしくは同時期の散布)で、薬剤の効果が上がります。

ゴルフ場様では、成長制御の剤や夏場の栄養剤吸収の促進に繋がっています。
移植時、猛暑時期のストレス緩和にも効果が大きく、移植の失敗を防ぎ、丈夫な植物を育てます。


米国 OMRI 認証リスト掲載商品です。

OMRIとは「Organic Materials Review Institute」
有機材料評価研究所という意味で、米国での有機物の認証機関です。

日本のJAS認定と同等以上、世界で認められる有機認定をされています。
有機栽培に注力されていらっしゃる農家さま、環境を守ることに
重きをおかれていらっしゃるゴルフ場さまには、安心してご使用いただける資材です。

1.養分を吸収する効果を促進

腐植は窒素、リン酸、
カリをはじめ
微量要素を含んでいる肥料

その効果は、
おだやかに長く効き、
作物に害をあたえない

2.土壌を改良する効果
(1)腐植は、団粒構造を発達させる
(2)保水性、通気性を高め、作物の根を伸びやすくする
(3)陽イオン交換容量が大きいので保肥力が高まり、化学肥料を施したときに急激に肥料濃度が高まるのを防ぐ
(4)微生物の活動を活発にして、有益な微生物の種類や数も増える
(5)イオンの吸着保持力が大きい
土壌中の腐植は、マイナスに荷電しており、陽イオンを引き付ける力があります。
そのため、陽イオン(カルシウム、マグネシウム、カリウム、ナトリウム、アンモニウム、水素など)を
吸着し保持する働きが大きいのです。

一般的に、この容量が大きいほど養分の保持力が大きいといわれ、肥沃土の高い土壌です。
つまり腐植酸は、肥沃度が高い土地の基盤が整っているため、腐植酸をベースにした上で施肥することで、最大限の効果を発揮することができます。

天然の泥炭から、特許製法で抽出されたAPEX-10は腐植物質を一番有効な形で泥炭エキスとして生成されています。

APEX-10には、この腐植物質が12%という高い割合で含有 (※米国基準で通常3%~5%)

一般的な腐植資材が平均して5%前後なので、圧倒的な含有量であることはお分かり頂けるかと思います。
結果として、フルボ酸を多く含んでいるのですが、フルボ酸はphを選ぶことなく、
また分子量がフミン酸より小さい為、吸収されやすく、早く安定した効果が期待できるのです!

腐植物質のフルボ酸などは、土の中のミネラル分と結合し植物への吸収を促進することにより、植物の生育を高めます。
化学的に作られたフルボ酸等とはまったく違い、使いやすく穏やかに確実に効果を発揮します。

そして、APEX-10は液体です。
その為、液体肥料、殺虫剤、成長抑制剤など何と混ぜても使用できるので、手間がかかりません。

肥料分を余すところなく吸収し、光合成を促進することで、甘い果物はもっと甘く、みずみずしく。収穫増にも大きな効果が期待できます!
硝酸態窒素値が大幅にダウン。糖度、食味も向上!高pH土壌を中性化し改善します。

土づくりや育苗からの使用、生育時期前からの使用でしっかりとした植物を育て、食味を向上させます。

根が広く深く張ることで水やりの手間が軽減され、土壌のキレート効果や保水効果で余すところなく肥料分を吸収することができます。

また、他の薬剤や単肥と混合(もしくは同時期の散布)で、薬剤の効果が上がります。

ゴルフ場様では、成長制御の剤や夏場の栄養剤吸収の促進に繋がっています。
移植時、猛暑時期のストレス緩和にも効果が大きく、移植の失敗を防ぎ、丈夫な植物を育てます。

米国 OMRI 認証リスト掲載商品です。
OMRIとは「Organic Materials Review Institute」
有機材料評価研究所という意味で、米国での有機物の認証機関です。
日本のJAS認定と同等以上、世界で認められる有機認定をされています。
※フミン物質はその性質によって次の3つの成分に分類されます。
フルボ酸 河川や湖沼、海水、地下水など、水系に存在する物質の多くを占め、河川に解けている有機物の約4割はこのフルボ酸だといわれています。
pHに関係なく、溶液によく溶ける性質を持っています。
フミン酸 フルボ酸よりも分子量が大きく、色が濃いのが特徴。土壌や堆積物、ピートなどに多く含まれています。強酸性では水に溶けず、アルカリに溶ける性質を持っています。
ヒューミン 土壌、堆積物、ピートなどに多く含まれています。アルカリにも酸にも溶けない不溶成分です。
フミン物質はもともと、有機物が豊富な土壌に存在し、フミン物質自体にも多くの有機物が含まれています。
トップへ戻る