お問い合わせ

2018年10月22日表と裏 隔年結果を招く原因は・・・

今年は裏年だから仕方がない・・・
来年は表年だから期待できる!

表と裏、という隔年結果。
あたかも自然の流れで当たり前のように、受け入れられている現実が
農業の世界には存在します。

以前、剪定は名人芸なのか?の話で、
樹木の枝というものは、花や葉を大きくする養分が蓄えられている、貯蔵栄養庫だと
お話をしました。

この貯蔵栄養の内容は、アミノ酸やタンパク質といったチッソ分はもちろん、
糖類、繊維などの炭水化物、石灰や苦土などのミネラルなど、生長を支えるすべての栄養が備わっています。

さて、ここからが表年、裏年といった隔年結果につながることになるのですが、
枝を充実させるためには、礼肥をきちんとする方法があるのですが、
礼肥をすると糖度が上がりにくい!といった理由で礼肥を減らすことが多いようです。

この方法だと、典型的な隔年結果(表年と裏年の差がはっきりする)となってしまいます。

さて、ここで問題です。
何故、礼肥をすると糖度が上がらないのでしょうか?

 

・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

光合成で作られた炭水化物(糖)が果実に蓄積していけば、
果実は確実に甘く美味しくなります。

ところが、吸収された礼肥のチッソは、光合成で作られた炭水化物(糖)を
細胞作りに使ってしまい、果実への糖の蓄積が減ってしまうのです。

この為、礼肥を抑え、収量が少なくなっても
甘さという糖を優先する・・・これが隔年結果の典型例です。

そもそも、畑に肥料を与えることと同じで、
果実を沢山つけた果樹は、やはり蓄えているエネルギーは少なくなりますから、
沢山実をつけた翌年は、樹勢を回復するため、より枝を充実させるためにチッソを欲しがるのです。

隔年結果を防ぎ、毎年同じように収量と品質を維持するためには、
どのようにすれば良いか?

答えはとてもシンプルで、大きくはたった2つ。

ひとつめは、
一般的な化学肥料を使わなければ良いのです。

何故なら、一般的な化学肥料はチッソだと先ほどの説明通り、
裏年には樹勢を回復するために、チッソは細胞作りに使われてしまいます。

これが有機のチッソ( CHON )だと、チッソと炭水化物がくっついたものなので、
この両方が供給されることになりこの炭水化物が樹勢回復(葉緑素などの細胞つくりCHO)にまわります。
結果、光合成で作られた炭水化物は、糖(として果実に蓄積されるのです。

ふたつめです。
これは、以前の剪定のお話と同じ内容です。
ただ、付加する内容として、果樹においては『水溶性』が基本です!

①-1 春には根に肥料が届くように元肥を施す
     ※落葉直後か休眠以降でないと、冬は想像以上に土が乾き、早めにしないと春に根が届かない
     ※春肥では、新梢の枝止まりが遅れ、枝も中々硬くならず、花芽の分化も遅れる。 枝の貯蔵栄養の蓄積も少なくなる

 ①-2 花肥は徒長枝肥
     ※花の咲く時期での施肥は、肥効がズレて徒長枝ばかり伸びがち。
     ※元肥と同じで隔年結果を招く 当然、枝の貯蔵栄養の蓄積も期待できない

 ②-1 ミカンなどの常緑樹も同じ理由ですが、花芽分化の時期が10月上旬~12月上旬で収穫時期と重なります。
     その為、礼肥は9月中旬~10月中旬にかけて行い、加えて美味しさも両立するために、アミノ酸肥料を施肥することで、
     充実した花芽と枝が確保できるのです。
     ※化成のチッソを施肥すると糖度があがらなくなる➡落葉樹と同じ 

 ②-2 可能であれば、タンパク質などの有機物を、アミノ酸などの水溶性のチッソ化合物にまで分解を進めたものが
     望ましい。味噌や醤油の香りがするくらいまで発酵を進めた発酵型と、魚汁などから抽出した抽出型の2通りがあります。
     ※炭水化物をもったチッソ肥料であれば、「樹勢」と「味」の両立、隔年結果の回避も可能になります。
      さらに、天気や目標とする味にあわせて、異なるC/N比のものを使い分けることもできます。

 ③-1 果樹園は土を耕せません。ですから土壌団粒をつくるチカラが強い堆肥が必要になります。
     これには、水溶性炭水化物の多い堆肥が一番。 これを元肥の時に毎年、施用することです(雪前肥)
     ※春までに土深く染み込み、地温が高い時期に微生物が分解を進め、団粒を作り、軟らかい土を維持し、
      根が広く深く張るようになります。

 補足  すべてにおいてミネラル優先。(石灰や苦土)➡ 『ミネラル優先、チッソ後追い』

     石灰は表皮を作る為の材料。苦土は葉緑素の中心物質。ミネラルは繊維を作る。
     繊維が十分に造られる前にアミノ酸(細胞を作る)を与えると、病気や害虫がつきやすい

     施肥は水の動きにあわせる
      (春の雪解け水や春雨、温度、水などに注意)

そして、あらゆる土壌の基礎になるのは、腐植があるかないか!
APEX-10は、植物が育つ基本であり母なる大地そのものです。


◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇

住所:兵庫県芦屋市大原町9-1-806

HP:https://apex-10.com/

問合せ時間 08:30~17:30

【発行者】 APEX-10 販売促進事業部
     超濃縮液体堆肥 APEX-10 高品質・多収穫・美味・高栄養価

~株式会社 然がご提案する濃縮液体堆肥 天然腐植酸 APEX-10 エーペックステンは、
             自然本来の土の地力を腐植のチカラで改善し、豊かで強い儲かる農業を創造します。~

株式会社 然
  資材事業部 apex-10    TEL:0797-35-3120

◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇

 

 

トップへ戻る